さまざまな想いを布花に託して
ブログRIO_3474

     陽子の花へ  ようこそ

     ご訪問 いただきまして ありがとうございます。
     
     

     和紙の花が 続きます。

     以前に紹介したお花ですが また紹介させてくださいね。

     土佐和紙 薄い典具帖紙で創ったイキシオリリオンです。

     和紙の風合いと独特の繊維の魅力を 活かすよう

     花びらは 手でちぎります。 

     私の和紙の花は 基本 手でちぎって創りますが

     イキシオリリオンの葉は シャープなラインと

     曲線を活かしたいので ハサミを使いました。

     






リリオン4

     藤色に彩った 薄い和紙を 二枚重ね あいだに

     ワイヤーを入れ そして 花びらをちぎります。

     

     




リリオン5

     ちぎった和紙の繊維の感じが いいでしょう。





リリオン6

     こてをかけて 花びらの表情をつくります。




リリオン7
 
     優しく やわらかく ・ ・ ・




リリオン1

     花芯を入れて 花びらを組み ひとつの花に ・ ・ ・

     細く シャープな葉と ・ ・ ・






ブログRIO_3472

     和紙の花 ~ イキシオリリオン ~

     優しげな花に 葉の軽やかな躍動感を ・ ・ ・








スポンサーサイト

[2014/04/23 22:46] | 和紙の花
トラックバック:(0) |


雪国もやし
繊細でやわらなか表情が、ほ~んとうに素敵です。
白色と紫色の花が大好きな雪国もやし。
この藤色のイキシオリリオン・・・魅かれました。
花器もまた、優美なお花を一層ひきたててくれていてステキv-10

(追伸)
 花の名に疎い雪国もやし・・・イキシオリリオン
 が覚えられず・・・です。
 (^^>”
 イキシオリリオン・・・どこで区切って読む(記憶
 すれば)よろしいのでしょう?
 


いろもりカラス
こんにちは。
和紙のお花、そういう風に作られるのかと興味深く拝見しました。
作り手さんとしては当たり前のことなのかもしれませんが、全然知らない私としてはとても新鮮でした。
これからも随時ご紹介いただけたらと思います。(^-^)


yoko
雪国もやしさん、こんにちは。

イキシオリリオンの花、実は私も知らなかったんです。

どんな和紙の花を創ろうかなあと、花の図鑑を見ていたら
可愛らしい花に細長い葉がくねくねとカーブを描いている
イキシオリリオンをみつけました。

英名をシベリアン・リリーといい、ヒガンバナ科だそうです。
ひとめで気に入り、和紙で創ってみたい~って思いました。

私がお花を創るとき、自然の花をスケッチしたのを参考にしたり
また本の花の写真を見たりして創作します。

いろんなお花を創っておりますがまだまだ知らないお花が多くて
お恥ずかしいです。

お花を細かくリアルに表現するのではなく遊びをもたせて
自由に私らしく・・・かな?

今日も ありがとう♡









yoko
いろもりカラスさん、こんにちは。

お花を創っていく課程に興味をもっていただけて嬉しいです。

これからお花をつくる過程を紹介できるようこころがけますね。

今までもそう思いながら作業途中の写真を撮ろうとしますが、
でもあまりにもまわりを散らかしていて・・・

染めている作業は綺麗とはいえませんね。
夢中になって染めていると新聞紙でいっぱいになっています。

これからのお花・・・少しお待ちくださいね。

ありがとう♡





コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
繊細でやわらなか表情が、ほ~んとうに素敵です。
白色と紫色の花が大好きな雪国もやし。
この藤色のイキシオリリオン・・・魅かれました。
花器もまた、優美なお花を一層ひきたててくれていてステキv-10

(追伸)
 花の名に疎い雪国もやし・・・イキシオリリオン
 が覚えられず・・・です。
 (^^>”
 イキシオリリオン・・・どこで区切って読む(記憶
 すれば)よろしいのでしょう?
 
2014/04/24(Thu) 10:33 | URL  | 雪国もやし #/K0PA3HI[ 編集]
こんにちは。
和紙のお花、そういう風に作られるのかと興味深く拝見しました。
作り手さんとしては当たり前のことなのかもしれませんが、全然知らない私としてはとても新鮮でした。
これからも随時ご紹介いただけたらと思います。(^-^)
2014/04/24(Thu) 12:26 | URL  | いろもりカラス #-[ 編集]
雪国もやしさん、こんにちは。

イキシオリリオンの花、実は私も知らなかったんです。

どんな和紙の花を創ろうかなあと、花の図鑑を見ていたら
可愛らしい花に細長い葉がくねくねとカーブを描いている
イキシオリリオンをみつけました。

英名をシベリアン・リリーといい、ヒガンバナ科だそうです。
ひとめで気に入り、和紙で創ってみたい~って思いました。

私がお花を創るとき、自然の花をスケッチしたのを参考にしたり
また本の花の写真を見たりして創作します。

いろんなお花を創っておりますがまだまだ知らないお花が多くて
お恥ずかしいです。

お花を細かくリアルに表現するのではなく遊びをもたせて
自由に私らしく・・・かな?

今日も ありがとう♡






2014/04/24(Thu) 22:49 | URL  | yoko #-[ 編集]
いろもりカラスさん、こんにちは。

お花を創っていく課程に興味をもっていただけて嬉しいです。

これからお花をつくる過程を紹介できるようこころがけますね。

今までもそう思いながら作業途中の写真を撮ろうとしますが、
でもあまりにもまわりを散らかしていて・・・

染めている作業は綺麗とはいえませんね。
夢中になって染めていると新聞紙でいっぱいになっています。

これからのお花・・・少しお待ちくださいね。

ありがとう♡



2014/04/24(Thu) 23:35 | URL  | yoko #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
Copyright © yokonohana Allrights Reserved.
Template ac-Raining-3c-js by 斎七 @ 虹のもとブログ
Photo by OiMax
まとめ