FC2ブログ
さまざまな想いを布花に託して
DSC_0031.jpg
        yoko handmade flower

  Grace Bloom のクリスタル作品に

  シルクジョーゼットのアジサイの花びらを

  糸で繋ぎ散らしました。


DSC_0041.jpg

  鳴海要記念陶房館のガラス越しに

  見える庭の緑と光が映り 綺麗 ~

  

DSC_0042.jpg

  光溢れるクリスタルと花の空間に

  癒されました ~




スポンサーサイト




[2019/10/11 13:04] | 布花
トラックバック:(0) |
DSC_1000.jpg
           yoko handmade flower

   ~ 光と虹の溢れる空間 ~ クリスタルアート展に

   飾らせていただいたガーゼクロスの薔薇

   優しい陽射しに光を放つクリスタル

   そしてガーゼクロスの透けた感じが

   薔薇を魅力的にさせてくれます。

   
DSC_0994.jpg

   ガーゼクロスの質感

         素敵でしょう ~


DSC_0992.jpg



DSC_0988.jpg

   クリスタルが キラリ☆彡


DSC_0987.jpg



DSC_0995.jpg

   優しさの中に存在感を放っている

   ガーゼクロスの薔薇が好き ~




[2019/10/04 22:05] | 布花
トラックバック:(0) |
ブログDSC_0964
yokohandmadeflower

~光と虹の溢れる空間~クリスタルアート展が

先日(9/23)無事終了しました。

GraceBloomのクリスタルアート作品に

布花があまり主張し過ぎないように

布花の白いカーネーションを

飾らせていただきました。

鳴海要記念陶房館の庭の木々の緑に

クリスタルがほのかに輝き、綺麗です。


ブログDSC_0961



ブログDSC_0959 (2)



ブログDSC_0969

淡く~優しく~癒しの空間に~





[2019/09/27 13:44] | 布花
トラックバック:(0) |
ブログDSC_0635
yokohandmade

華やかな薔薇~

前回まで赤薔薇と黒薔薇を続けて

紹介させていただきましたが

余分に染めておいた赤と黒の花びらを

組み合わせ赤と黒の薔薇も咲かせました~


ブログIMG_1477

白い布を染めた花びらに鏝をかけて

花びらの表情をつくり幾重にも

重ね、組み上げていきます。


ブログDSC_0611

白い布を好みの色で染め

自由に創りあげられる花々を

愛おしく感じております。

花を創りつづけていられることに感謝♡





[2019/09/16 12:46] | 布花
トラックバック:(0) |


katataka
色の組み合わせでこんなに表情の違う
薔薇になるのですね。
真っ赤な情熱的な薔薇や落ち着いた黒薔薇。
赤と黒を組み合わせた色の具合が絶妙ですね。
シックな薔薇に胸キュンです♪
花びらの重なり具合がなんとも言えない位
素敵です。

真夏の猛暑は凄かったですね。
朝晩涼しくなり過ごしやすくなりました。
気温の変化激しい季節、体調に気を付けてお過ごしください。



-
katatakaさん、こんにちは~

お花を創るときいつでも多めに花びらを染めます。
後で足りないとかで染め直しは大変ですから・・・

赤と黒い花びらを染めているとき赤と黒の組み合わせの薔薇も
創ってみたいと思い誕生した赤と黒の薔薇です。

katatakaさんのお言葉、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

katatakaさんもお元気でお過ごしくださいね。♡

コメント:を閉じる▲
ブログDSC_0486
yokohandmadeflower

前回、赤薔薇のコサージュを紹介しましたが

華やかになるように黒い薔薇もという

リクエストに応えた黒薔薇のコサージュです。


ブログDSC_0516

黒い色も好みの色に出すのは結構難しい~

私はローパスFという粉の染料を

水に溶いて使っていますが・・・

使う染料の種類で色の出かたが違います。

私がローパスFで黒を出す場合、紫(F19)

と緑(F14)を混ぜ合わせます。時には青(F5)

を加えたりするときもあります。

粉と水との割合、それぞれの量も重要です。


ブログDSC_0507

華やかに黒薔薇咲かせました。

胸元につけお洒落に~





[2019/09/13 14:14] | 布花
トラックバック:(0) |
Copyright © yokonohana Allrights Reserved.
Template ac-Raining-3c-js by 斎七 @ 虹のもとブログ
Photo by OiMax